Notice: Undefined index: aiosp_license_key in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/6/0/sd0906460/proas.co.jp/wordpress/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/aioseop_class.php on line 5808
<プレスリリース>在宅医療をもっと身近に。プロアスの新サービス 「ココメディカ」シリーズ、2月20日(月)から提供開始  情報管理システム・コールセンターなど、 365日24時間稼働する在宅療養支援診療所の 事務負担を包括的にサポート | 株式会社プロアス

医療介護の未来をもっと明るく

NEWSニュース

プレスリリース

<プレスリリース>在宅医療をもっと身近に。プロアスの新サービス 「ココメディカ」シリーズ、2月20日(月)から提供開始  情報管理システム・コールセンターなど、 365日24時間稼働する在宅療養支援診療所の 事務負担を包括的にサポート

2017/2/20

プロアスでは、2017年2月20日(月)から、在宅療養支援診療所の経営支援サービス「ココメディカ」シリーズの提供 を開始しました。

2017-02-20_13h16_42

ココメディカ 特別サイト

●「ココメディカ」誕生の背景

日本は急速に高齢化が進み、2025年には75歳以上の後期高齢者が全人口の約18%にあたる2,000万人(*1)を抱える世界一の超高齢社会になると予想されています(*2)。内閣府の調査によると、高齢者の54.6%が自宅で最期を迎えることを希望していることから(*3)、現在厚生労働省は、全ての高齢者ができる限り自宅など住み慣れた環境で安心して生活できるよう、在宅医療を推進しています。
しかし、365日24時間、患者の求めに応じる必要がある在宅医療は、医師にとって肉体的・精神的な負担も大きく、訪問診療を行う診療所は全診療所の2割程度(*4)にとどまっています。また、開業後もカルテ作成や会計処理をはじめとする事務作業による負担は大きく、本来力を入れるべき医療行為や地域の多職種連携に時間を割けないといった点が課題となっています。
このような背景から、在宅医療に従事する医師の負担を軽減することが必要であると考え、「患者情報管理システム」「業務アウトソーシング」「コールセンターサービス」の3種のサポートからなる「ココメディカ」を、この度リリースしました。
病院や外来クリニックとは異なる、在宅医療に特化した情報に対応したシステム提供のほか、医事会計の知識・経験が豊富なスタッフによる業務代行など、システム面・人員面の双方から医師をサポートするサービスとなっています。

(*1)在宅医療の最近の動向(厚生労働省医政局指導課 在宅医療推進室)より
(*2)平成28年版高齢社会白書 高齢化の国際的動向(内閣府)より
(*3)平成24年度 高齢者の健康に関する意識調査結果(内閣府)より
(*4)平成26年医療施設(厚生労働省)より

●「ココメディカ」の特徴

1. システム面・人員面の負担を包括的にサポート
クラウド型ソフトウェアを利用したシステム面と、業務アウトソーシングによる人員面の両面から包括的に診療所経営をサポートいたします。これまで多くの診療所が表計算ソフトやホワイトボードでのアナログな管理を行っていた患者情報(個人情報・利用サービス状況・訪問予定など)を一元化し、さらに会計入力事務のアウトソーシングを可能にすることで、最小の組織構成で効率的な診療所経営を実現できます。

2. 「在宅療養支援診療所」支援に特化したサービス
病院・介護施設の利用情報やご家族情報、多職種連携の関係者情報など、病院や外来クリニックでは一般的に取り扱わない在宅医療独特の情報管理に最適化しています。このサービスの開発にあたり、在宅医療を提供している複数のクリニックの業務フロー・業務内容を詳細に分析、実際の現場の声に応えた、必要十分な機能を搭載しています。

3. 医事会計の経験豊富なスタッフがサポート
医事会計システム開発・保守に30年の実績を持つプロアスが事務作業をサポートします。経験豊富なサポートスタッフが、最新の診療報酬・介護報酬制度のほか、診療所や地方独自の請求方針、ルールなどの細かな要望にも対応します。

●サービス概要、価格

1. cocomedica board ココメディカ ボード(在宅患者情報管理システム)
医療機関・医療関係者情報、家族情報など、在宅療養支援診療所に必要な情報を一つのシステムに集約し、管理することができます。スケジュールや、売上予測などの経営指針も管理可能です。
利用料(月額):1ユーザーあたり 6,000円(税別)

2. cocomedica outsourcing ココメディカ アウトソーシング(診療所事務代行サービス)
セールスフォースのプラットフォームを活用し、カルテチェック・医事会計の入力といった事務作業を、医事会計の経験の豊富なスタッフが代行します。事務作業の負担軽減のほか、個人に依存しない事務体制を作ることができます。
初期導入費用:200,000円(税別)
利用料(月額):基本料金+従量課金(税別)

3. cocomedica call365 ココメディカ コール365(オンコール一次受付代行コールセンターサービス)
夜間の患者・患者家族からの緊急電話(オンコール)を、専門スタッフが代行します。スタッフが一次受付したのち、緊急性の高い電話のみ医師に即時連絡します。
利用料(月額):患者1名あたり 1,800円(税別)

●発売日

2017年2月20日(月)
※「ココメディカ」サービス提供開始のプレスリリースに際し、エンドースメントをいただいております。

【チーム医療推進協議会前代表、中央社会保険医療協議会元専門委員 北村 善明】
「ココメディカ」導入により在宅療養支援診療所の中で属人化していた患者情報の一元管理により診療所経営の効率化が実現できることは、在宅医療を支える医師の心身の負担軽減につながり、日々の医療の質の安定と在宅医療の核である地域連携により一層注力することが可能になります。これはチーム医療の観点からも大変喜ばしいことであります。「ココメディカ」を通じ、在宅療養支援診療所の経営効率が高まり、在宅医療の業界全体の発展に大きく貢献できるものと期待しております。

【株式会社セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 セールスフォース・インダストリー本部長 森田 青志】
診療所事務・医事会計を熟知した株式会社プロアスが提供する「cocomedica outsourcing」「cocomedica call365」の人的サポートと、セールスフォース・ドットコムのクラウドプラットフォームであるSalesforce App Cloud上に構築された「cocomedica board」のシステム活用により、在宅療養支援診療所の医療従事者は医療に専念できるようになります。また、情報の可視化、モバイル技術の活用により業務効率向上も実現できます。患者の病歴情報を始め、機微な個人情報を大量に扱う在宅医療において、App Cloudの高いセキュリティ性能は、情報漏洩リスクに対する十分な対策となります。今回の一連の支援サービスの提供により、在宅療養支援診療所の経営に大きな変革を起こすものと確信しております。

●セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、アメリカ合衆国 サンフランシスコに本社を置き、世界No.1を誇るCRMを提供しています。世界の公共分野、金融分野、教育分野などさまざまな業界への導入実績を誇ります。
セールスフォース・ドットコム コーポレートサイト: https://www.salesforce.com/jp/
ココメディカ 特別サイト

CONTACT
お問い合わせ

Contact Form

TEL:06-6397-5511

ココメディカ サービス詳細ページ
TOPへ戻る